多色性/Pleochroism

複屈折性(光線が石を透過する際に、二つに分かれる特性)を有する色石では、石を見る角度によって色が異なって見えることがある。肉眼でも多色性が明らかに分かる宝石には、アイオライトやダンザナイトがあげられる。

ファセット面から見たアイオライトは魅力的な藍色
サイドからみるとかなり色が薄い。

ルビー、トパーズ、トルマリン、アクアマリンなども多色性の強い石ではあるが、専用の器具(二色鏡/ダイクロスコープ)を用いることでさらに差が分かりやすくなる。

ロンドン・ダイクロスコープ(London Dichroscope)。他にカルサイト・ダイクロスコープなどもある

石の多色性を確認する際は、全ての角度から石を見ることが重要。一軸性(Uniaxial)の色石は、二色性(dichroic)があり、ニ軸性(Biaxial)の色石は、三色性(trichroic)がある。光学的等方性(isotropic)の石は色の変化がないので、変化が見られる光学的異方性(anisotropic)の石を、ダイクロスコープで簡易的に選り分けることができる(例えば、ブルーサファイアとブルースピネルを分けるなど)。

また、角度による色の差異を理解することは、ルビーやサファイアなど、一番魅力的な色を呈する面を考慮して宝石にカットする際に有用。

ワンクリック、ありがとう! にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ

ダイクロスコープを使って、石を全ての角度から見る。
写真では分かりづらいが、肉眼では、ダイクロスコープの上部・下部で全く色が違って見える。
多色性が強い石の例
ルビー 赤、オレンジレッド
ブルーサファイア 青、灰色がかった青
エメラルド 青みがかった緑、黄色がかった緑
アイオライト 濃い青、薄い青、薄い黄色身(三色性)
アメシスト 青みがかった紫、赤みがかった紫
ピンクトルマリン ピンク、薄いピンク
グリーントルマリン 緑、濃い緑または茶色
ブルージルコン 青、無色
ブルートパーズ 青、無色
アクアマリン 青、無色